読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏「虐殺器官」

さて、今回は歴史的な目線から虐殺器官を覗いてみようと思います。私がこの虐殺器官を読んで、そしてこの度映画を観て、やっぱりこの「虐殺」という言葉にどうしてもカンボジアポルポト政権が頭から離れないのです。

ポルポトはいわゆる人間のクズなんですよ。ゴミ、いやもうなんだろうゴミにもクズにも申し訳ない。私この人なら撃てる気がする。ほんとにそれくらいのクズ。作中でクラヴィスたちが虐殺を弾圧しに向かうじゃないですか、子供兵士いっぱい出てくるじゃないですか。あれを地でいった人がポルポトです。マジキチでしょう?

ポルポトってそんなに古い人じゃないんですよ。死んだのはほんの最近1998年とかです。ポルポトが政権を握っていたのも1976年とかです。今現在40歳くらいの人が生まれた頃、カンボジアではそんなクズが政権を握ってしまったのです。40年よ。ほんの最近でしょう。日本の戦争は第二次世界大戦終結しました。そこで大打撃を受けたわけですが、それから70年経ち日本は大変な復興を遂げ、戦争を知らない人の方が多くなった。そしてみんなが笑え、物が溢れ返り、裕福な生活が送れるようになったのです。

どういう経緯でポルポトが政権を握ってしまったのかまで書いているととてつもなく長くなるので省きますけど(もう十分長い。)ポルポト政権は本当にクラヴィスの弾圧しに行った先の生活そのもの。あのクソクズは子供を兵士に洗脳して使いました。それも消耗品として。地雷を埋める作業をするのも子供。ある土地へ行って地雷がないかその足で確かめるのも子供。戦争の最前線で戦うのも子供。医者も子供。奴隷になるのも子供。性的なことを一挙に引き受けるのも子供。ぜーんぶ子供。知識を持たしてしまうと自分にたてついてくるので徹底的に知識人を虐殺していき、そして知識ゼロの子供を残したのです。知識人とは?教育された大人のことです。字が読める人、時計が読める人、計算できる人、医者学者の経歴を持っている人、留学したことがある人、お金持っている人。とにかく大量に虐殺していった。このポルポト政権が終わった時にカンボジアの生き残りのほぼ大半が14歳以下だったという話もあります。どれだけ虐殺したのかはもう想像もしたくもありません。本当に作中のように端から撃って穴に落としていっていたのでしょう。

いやいや、いくらポルポトが独裁だからってそんな皆を動かせないでしょう?いや、それが出来ちゃうんですよ。それを伊藤さんは語っているのだと思うのです。虐殺器官の作中ではジョンポールが言語を使い、こちらに目が向く前に自国でつぶし合ってもらう、というものでしたけど、まぁそれとはちょっと違いますが、言語がポルポト政権を形成したといっても過言ではないでしょう。言葉巧みに知識人を誘い出すのです。これから国を作るのに君たち博士の力が必要なのだなんだと言って。そして集まってくれた知識人を端から虐殺していく。それを繰り返す。言葉巧みに子供に教育をし、銃弾に臆さない完璧な兵士を作っていく。この世は全て言葉が作り出した世界なんです。幸せな現実も、悪夢のような現実も、そこに辿り着く道をつくった言語が確かにあった。確かに虐殺器官の世界はフィクションだけれども、それに似ている世界を人間は作ることができるのです。

ポルポト政権のことを知っている人はどれくらいいるのでしょう?子供兵士は本当にいて、それがちゃんと機能していたんです。そして、きっとこの世界のどこかの国でまだ存在するんです。ポルポト率いるクメールルージュという武装兵団は国民の1/4を殺しました。なんだそれ。もう狂気の沙汰。本当にクソクズ政権。

このことは最近はあまり知られていないように思います。ドイツのナチス政権は有名ですけど、クソクズ政権も大して変わらないように思うのだけれど。無茶苦茶具合でいけば凌ぐと思うのですが。数がナチス政権の方が多いからでしょうか。

 

カンボジアはとても美しい国ですよ。

f:id:p-524yukinaga:20170204124323j:plain

人々は皆親切で、子供たちは人懐こくとてもかわいい。ここまで来るのに果たしてどれくらいの努力があり、そしてこれからどれくらい努力すればいいのだろう。地雷でまだまだカンボジアはとらわれ続けています。

f:id:p-524yukinaga:20170204124611j:plain

伊藤さんの虐殺器官は別にカンボジアの事を書いた訳ではない。ただ私が読んで、観て、そう感じただけです。だけどせっかくなので皆にも知ってほしいです。見たいものだけ見て、欲しい情報だけ受け取れるこの世の中にも、こんな世界が存在するのだということ。そしてそれは必ず言葉巧みに操られ、言語は虐殺器官となりうるということ。

はぁ…どうやってまとめればいいのか分からなくなってきた笑

とにかくですね、私はこんなにも怖くて恐ろしい世界だけど、こんなにも美しい世界を今後も守りたいのです。(どこかで聞いたようなセリフ…エレン君かしら、いやミカサか。)

うん、やぱりまとめ方がよくわかんない。笑

よし!終わろう!とにかく皆虐殺器官みて!笑

 

表向きな感想

p-524yukinaga.hatenablog.com