ファミチキ先輩の中の人、ピアノバージョン

チャラララララ~チャララララ~

 

あのドアを潜ると鳴る音、帰るときも鳴るアレ、側を通るだけで鳴らしてくれるあのやつ!

ご存知、ファミマの入店音を豪快にピアノアレンジしたCM好きなんですよー!ファミチキ先輩ピアノうまいな…!なんて思ってたんですけど、私の中でなんとなく似てるな~…この弾き方似てるな~…て人がいらっしゃるんです。

と、とりあえず、まずはファミチキ先輩の設定がおもしろすぎるんで、ちょっと見てくださいwww


f:id:p-524yukinaga:20170722164048j:image
f:id:p-524yukinaga:20170722164058j:image

設定かわいすぎる笑。そして普段の中の人は安村さんという方。普段は確かにオチャメでアツくて、芸人さんらしい行動しますよね、あーゆ暑苦しさ私結構好きだよ。


f:id:p-524yukinaga:20170722164231j:image

今年のハロウィンにどうですかwwwなかなか1010到達は難しいんじゃなかろうか。

 

んで、話は戻ってあのピアノの夏フェスでのファミチキ先輩です。たぶん私のようにその方のファンなら想像できると思うんですよね、あの左から写ったときの左手の感じ?表現し辛いけど、左手小指の辺りが、「まらしぃ」さんっぽ、と。

ほらーー!!

まらしぃさんって、私みたいな下人がコメントするのも末恐ろしいんですけど、弾き方が独特なんですよ!まらしぃさんファンの方々は、ん?ぽいな…て思ってたんじゃないでしょうかね。ねー(❁´◡`❁)だよねー(❁´◡`❁)

ただ、まらしぃさんはあくまでファミマの入店音をアレンジして弾いてみたと言っているだけで、CM弾きました!ではないので、ファミチキ先輩はやはり初期の設定時点からピアノが趣味とのことなので、元々上手なんでしょうよ。そうなんでしょう。弾き方がまらしぃさんに似てるんだね、きっと∩˙▿˙∩

 

ところでファミマって最近めっちゃ増えてませんか?近所のサークルKやサンクスが軒並みファミマに色替えしてるんですけど、とっても興味深い話があります。ね、もうコンビニって今やセブンVSローソンVSファミマになっちゃいましたね。

ここからちょっとビジネスの話になるんですけど、いきなりですけど現ファミマ社長さんは沢田貴司さんと言う方です。この人スッゴいんですよ。

上智大学卒業の時点でスッゴいんですけど、卒業して伊藤忠商事に入ったんですね。さすがですよねー…大手に決まるって、私も一度はそんな人生歩んでみたかった。笑

そして時は流れ伊藤忠商事からどうやらユニクロに転職したそうです。今でこそユニクロってみんなが着てますけど、沢田さんが転職した頃はまだまだ今のように確固たる地位をユニクロが築いてなかったときです。若い方は知らないかもですけど、ユニクロって昔はユニクロを着ているってことが恥ずかしかったんですよ。特にフリース、パーカーなんかはユニバレするっつって!!ユニバレww

沢田さんは転職数年で副社長になりましてね、スゴくないですか!?副社長…んでご存知カリスマ柳井さんから社長になりましょうと言われたんです。社長…数年で社長…。しかし沢田さんは断ったんです。思うところがあったんでしょう。んで、沢田さんの代わりに社長になったのが玉塚さんという方です。

さて玉塚さんが社長になったのですが、詳しい話はよく分かんないですけど3年位で柳井さんから交代!と言われています。たぶんビジネス方針が柳井さんと合わなかったのでしょう。

ちなみに柳井さんはこの後ヒートテック大爆発で今のユニクロ地位を築いちゃいました。まじ神様。

さてさて、ここからが面白いんですけど(こんだけ引っ張ってまだ前置き)社長就任を断った沢田さんと社長退任した玉塚さんが一緒に会社を作りました。ひえぇ!そして作った会社がこれまたかっこいい、「経営を再建する会社」なんですよ。なんでも再建対象を買収して、経営建て直しを行い、軌道に乗ると株式を返却するんです。スゴくないですか、どんだけデキる人なんだ…同じ人間とは思えないんですけど、私ってほんと庶民。ちなみに初めての買収対象はロッテリアだよ∩˙▿˙∩

そしてここからがサビです!!!

ファミマは伊藤忠グループの傘下にいるんですけど、伊藤忠商事は沢田さんの一番最初の職場です。その口添えでなんと沢田さんはファミマの社長に就任しちゃいました。ほおお、、そして玉塚さんはローソンの社長に就任しちゃいました!!!!

おおおおおおお!!!

かつてはユニクロで共に働き、かつては共に会社を起こし、そして今やライバルですよ!

スゴくないですか!!!!!!!!!(語彙力!)

世の中ポイズンですよ、ほんと。こんな人が存在するなんて、ポイズン!俺の人生ポイズン!!!

いやー、かっこいいです。ほんとかっこいいです。沢田さんも玉塚さんも大好きです。盟友だからこそ、ライバルなんですよ。最強のライバルですよね!!!

なんかかっこいいです。私もやっぱり仕事は一生懸命したいな。休みが多いとか、残業なしとか憧れるけど、それよりも一生懸命仕事したいです。ただ働いてお金貰うだけじゃなくて、一生懸命仕事に向き合いたいです。

 

あ、ちなみに沢田さんは伊藤忠時代にアメリカ本家のセブンイレブンを買収しちゃってます。ふふ、とんでもねーww

 

あ、これは私の解釈なのでいろいろ違うかもしれません。沢田さんや玉塚さんに直接インタビューしたとか全然そんなことはないので、本当に彼らのことを知りたければ是非ビジネス書を読んでみてください。

信長の野望201xプレイ日記:新装備開発プロジェクト、第四坑道

ひさしぶりに。


f:id:p-524yukinaga:20170712181048j:image

適当に出陣したらぶち殺されたので、ちゃんと考えて出陣することにしました。


f:id:p-524yukinaga:20170712181129j:image
f:id:p-524yukinaga:20170712181254j:image

援軍には小次郎殿を連れてくことにしました。でもこの援軍足めっちゃ遅い。多分殺されると思う。でもいいの、陶の殺すリストで。あと鬼小島さんの殺すリストで。


f:id:p-524yukinaga:20170712181348j:image

みんな陶と鬼小島さんの為に死んでくれればいいの。笑

いざ!!!


f:id:p-524yukinaga:20170712181429j:image
f:id:p-524yukinaga:20170712181438j:image
f:id:p-524yukinaga:20170712181505j:image

赤、青、緑。どの百足見ても、強そうだな(❁´◡`❁)

さすが北京ダック様のおかげで横陣そろいました!

○●○

と真ん中に凶が入りましたので、

兄上、小次郎、陶

と迷わす小次郎様には犠牲になっていただくこととしました。

そしてまた

○●○

と横陣、真ん中凶でしたので瀕死の小次郎様にお願いしました。

小次郎様はしっかりと殿を勤め上げられました。小次郎様、、忘れはしないよ…。アナタの勇気を私は決して忘れはしない。

お陰様で隊は全力です!ここからじゃ…!ここから始まるのじゃ。

援軍で沢彦おじさま出てこられ、またも!

○●○

しつこい、いや、ありがたい。

今回は沢彦おじさま真ん中で兄上が左翼、陶が右翼の鶴翼の陣。(大袈裟な…)沢彦おじさまにしっかりと攻撃力UPさせられた陶は全力で殺しにかかり、ついに第二ラウンドです!兄上溜めときたかった…!!


f:id:p-524yukinaga:20170712182305j:image
f:id:p-524yukinaga:20170712182326j:image
嫌いだわーこいつ…まさか呪ってくるんじゃないだろうな…。


f:id:p-524yukinaga:20170712182402j:image

うざい…そして無駄に足が速い…。陶が400ちょいなので困りました。こいつを抜かせるのは今のところ牛しかいない…。しかし牛には10万近くも殺せる能力はない…

ということで牛には殺すリストになってもらいですね、あーしてこーして、


f:id:p-524yukinaga:20170712182640j:image

にゃはー。無事に勝利できましたっ!鬼小島さんは呪われて瀕死ですけど、なんなら今の状態が一番能力UPしますので全然大丈夫です!

と、無事に終わりました。


f:id:p-524yukinaga:20170712182820j:image

S、とれないんだ。死にすぎなのかな。

たいして素材がたくさん落ちるわけでもなく。周回は…突破の白ですか…。佐助くんのために頑張ってみようかな…。

藤井邦夫「歳三の首」

前回より土方歳三繋がりで新撰組フィーバーが巻き起こっております。

この作者、藤井邦夫さんは元々脚本家の方で、必殺仕事人や子連れ狼の脚本をされた方です。藤井邦夫さんは北海道出身なんですけど、永倉新八は晩年北海道にいたということで、こうだったらおもしろいのになぁと想像して書かれた本です。ん?永倉新八?ですです、歳三の首という題名ですが主人公は永倉新八です。

副長が五稜郭で戦死した後の話。新撰組は生前、それはもう大量に怨まれました。局長近藤勇は斬首となり、首を晒されました。近藤に対する怨みは晴らした訳です。しかし土方歳三蝦夷まで渡り、常に前線で戦ってきました。それがついに戦死した!!!ついにこの怨みが!!!!探せ!首を探せ!そして晒せー!土方歳三の首を晒せーー!と水面下で動き始めるのです。これは生前、土方歳三に拷問を受けて死んでいった人物の親族が企ててる訳です。決して明治政府の思惑ではないんですね、そこがポイント。

永倉さんはその思惑を受け、先に副長の首を見つけようとします。そして新撰組時代のように、影で動き始めるのですよ!!それがまた強いのなんのってマジかっこいい。敵さんも政府に黙って行動しているただの個人的な怨恨なので影VS影なんです。ただやはり新撰組二番隊組長の力は絶大なんですよ!!!もうこれ打ちながらニヤニヤしてしまうくらい、ほんとに永倉さんは剣に長けてます。私の愛する鬼役の矢背蔵人助と是非お手合わせしていただきた…(ry

まぁあらすじはこんな感じで果たしてどちらが土方を見つけるのかって話です。が、やはり脚本家さんですよね、私ほんとにこれ見てみたい。映画にしてほしい。色んな伏線があり、永倉さんの鋭い視線が色んなところに刺さるんですよ。幕末を終え、仲間と別れ、静かに余生を過ごしていた杉村(永倉さんの明治時代の名前)が、だんだんと新撰組二番隊組長永倉新八になっていく、あの様子は映画で見たい…!

本自体は改行をよくされるスタイルで物凄く読みやすいです。そして短編短編で永倉さん目線、敵さん目線、潜伏先目線、仲間目線と変わっていくので、一気に最後まで駆け抜けました。

最後の終わり方も良かったですね。作者は土方歳三のことをすごく愛してるなぁという感じ。私がそうだったらいいな、と思うことを現実にしてもらった感じがしました。

 

永倉さんが明治で幸せに暮らしていましたように。この本の永倉さんに心の底からお疲れ様でした、と伝えたいです。

 

やっぱり新撰組はいいですね!!結局そこ!戦国もいいけど新撰組も最高です。

住野よる「君の膵臓をたべたい」

今月末には公開ですね。それより前には読みたいと思っていたので、無事に読めて満足です。

すごく読みやすく、あっという間に読み終えてしまいました。どれくらいあっという間だったかというと、週末の昼にTSUTAYAで購入して家帰って読んで、夕方にはヤフオク出品したくらいです。(笑)

すごく最速デス。今までで一番。

映画もまだ公開されていないので行間あけておきます。何を間違ってこのブログにたどり着いてしまった方、この後ネタバレしますのでどうぞお引き取りくださいませ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画では小栗旬さんと北川景子さんが主演なのかとやはり有名所に目がいってしまうものですが、ヒロインは浜辺美波さんですね。彼女が膵臓を煩っている女子高生。その相手役、本ばかり読んでいてコミュ症の男の子が北村匠海さんという方です。小栗旬さんと北川景子さんは何役なのかさっぱりですね…。小説の中では登場人物といえば主に主人公の女子高生と相手役の男子高生、と女子高生の親友、と男子高生にガムくれる男の子位しか出て来てない気が!

あ、男子高生の両親は出てきたなって…ほんと何役なんだろうか。

ババアは偏屈すぎて今時の物語はよく分からないのですが、いい話だったと思います。男子高生の心情を表現するのはとても難しいですよね…。個人的には彼のように「私、もうすぐ死ぬよ」と伝えても変わらない態度で接してくれる友人はありがたい存在だなぁと思います。

そして病気の彼女の1日も、自分の1日もその1日の価値に優劣なんてないという表現は素晴らしいと思いました。寿命を宣告されようと、健康診断でオール良好であろうと、明日が必ずくる保証はない。寿命が宣告されているから今日を一生懸命生きる訳ではないのです。私たちは毎日を一生懸命生きなければならない。

と、大切なことを思い出させてくれました。まぁそんな一生懸命なんて生きられないのが私なんですけど…。明日死ぬと分かっていなければ、朝から晩までだらだらしてしまうと思います。笑

またぶっ飛びますけど、私土方歳三が好きなんですよ、突然ですが。彼はイケメンで新撰組の副長でもあり、地位も名誉も揃っているので好きにならずにおれようか、いやない。状態ですけど、(さらに短命とかね!!もう!!もう/////!!)私は彼の人生が好きなんです。お前一体土方歳三の何を知ってるねん、て感じですけど。はい、本や史実の又聞きで50億%くらい妄想入ってますけど。

一番は私が土方歳三の享年に近づいてきたことです。近づけば近づく程わかるんですよ、彼の凄さが。激動の時代を生きて、人生そのものを新撰組と幕府に賭け(これ現代では仕事ですね)、和歌や花街を愛し(これ現代ではプライベートですよね)、そして信念を貫き通し散っていったんです。

はて、私はそのように生きているだろうかと。仕事はのびのびさせてもらってますけど、そこまで忠義をもっているかと聞かれたら言葉に詰まってしまいます。そしてその仕事は自分がしたくてしたくてたまらなかったものなのか、自分に夢はあったか、生きる上での信念とは。(信念などというものがもはやない。)プライベートはどうでしょう。寝てるだけのような気が…。

ね、一生懸命生きてないです。土方さんの享年に近づけば近づく程、私はなんてクソ人生を送っているんだろうと思ってしまいます。時代が違うからだよ~と友人は言いますが、果たしてそうでしょうか?時代が違ったとしても、違う形ででも土方さんなら一生懸命人生を謳歌していると思います。その点、時代が変わって私が幕末に生きていても、土方さんのようにはいきられないんじゃないかな…。

おかしいですよね、同じ人間なんですよ。土方歳三も私も同じ人間なのに。

とぶっ飛びすぎですけど、膵臓のその表現で忘れてた何かを思い出しました。一度の人生、1日1日を大切に一生懸命生きたいと思いました。

 

ほとんど土方歳三愛が爆発してますけど、これは膵臓の感想です。

 

膵臓のよく分からないところは、なぜヒロインは男子高生の名前を呼ばないのか不明でした。

いつも【無口なクラスメート】くん、とか【仲良し】くん、とか【????】くん、とか…あれなんなの?笑

どうやら作家さんと同じ様な名前で、どっちの作家のことか分からないけどね、なんて会話もありましたけど、だから?という感じなんですけどあれは必要なんですか!普通に【春樹】くん、とかでいいと思うんですけど、なんか理由があったのでしょうか。

それが最後までずっと気になりました。

あと病気なんですよね…膵臓の…死んじゃうんだよね…?ものすご元気なんですよ、彼女。ラーメン食べるわ、モツ鍋食らうわ、なんならホテルで飲酒するわで、えーーー!!!お前ら高校生やろうがと言いたひ。笑

あと高校生が親に内緒で福岡に1泊旅行なんてあり得ませんねぇ…。しかもホテルは彼女の奢り、何も聞かされてない彼は拉致だよね?と言うが、自分の足で新幹線に乗ったんでしょ?断る方法もあったけど結局乗ったんでしょ?親に友達とこ泊まるって嘘までついて。金もないのに。クソ男。と言いたひ。

とまぁこゆことがあまりにも幼稚だな~と思いまして。

 

と、いうことで映画化楽しみです。←

 

「メッセージ」

結構ぼっち鑑賞が多くてですね、内容的にもSFだったので、あまり若い方いらっしゃらなかったです。2人で見に来てたのは一組だけ、男の子のグループでした。あとはみんなぼっち。なかなか珍しいですよ、私の住んでる地域で、ぼっち鑑賞組がグループを軽く超えるのは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男の子の2人組が見終わった後、「難しかった~…」って呟いてて激しく心で同意しときました。そうなんですよ、正直難しいです。もともとの原作は、

Amazon CAPTCHA

あれ?なんでこんなリンクになるんだろう。まぁ、アマゾンをリンクさせてみたんですけど、テッド・チャンという方の「あなたの人生の物語」です。結構昔に出た本だったのですね。すごく絶賛されているレビューが多いので今度読んでみようかな。この本は短編集で、メッセージの原作もその中の一つでした。(短編集って読みやすくていいですよね!)

 

肝心の内容ですけど、そうなんです。難しいのです。だけど私はすごく好きでした。この映画は言語をとても大切にされていて、なんとなく伊藤計劃さんを緩やかにさわやかにした感じっていうんですかね。いや、ただ私が伊藤さんが好きなので全て伊藤さん絡みにしたいだけです、すみません。私はこの映画はアニメ化してもおもしろいんじゃないかなって思いました。映像もすごくきれいで、どこか非現実的な宇宙人との会話だとかそういうのが映えるんじゃないかなと。アニメの方がとっつきやすいストーリーでもあると思います。

 

「時間とは流れるものではない。」

最初全然意味が分かんなかったんですよ。でも過去―現在―未来、この構図が全てではないということです。この映画の中では過去や未来が交錯して、果たして今は過去なのか、未来なのか…過去と思っていたことが実は未来だったりするのです。ね?わかりづらいでしょう?笑 もうね、感想を思い浮かべるのもまた難しいんですよ。自分が感じたことを口にするのも難しい!=理解してないってことですかね…

 

正体不明のものと対峙するときって、仕方ないことかもしれないですけど、最初から疑ってかかるのは悪い癖ですね、私たち人間の。この映画の中でも、だんだんと世界的に宇宙人と真っ向勝負をして武力で撃退する方向に話が進んでいっていましたし、軍の中にもミッションではないのに勝手に爆弾を仕掛けて爆発させようとしていました。結局はそれが解決の糸口にはなるんですけど、もうちょっと違うやり方はないのかなと思います。強硬手段ではなく、分かり合える手段は必ずあるはずなので。今不安定な世の中ですけど、私たちはそういうやり方をそろそろ模索するべきなんじゃないかなと素人は考えるわけです。

今回の世界混乱は、話し合いの上で解決しました。いったい主人公が強硬派(中国)に何を言ったのかはわかりませんけど、ある言葉で中国は思いとどまり、そして世界が1つにまとまったのです。それをきっかけに宇宙人は消えてなくなりました。武器を使って人が死ななくても、解決できる方法が必ずあるんだということは、例え映画の中の絵空事だったとしても私たちは学ぶべきですね。

 

原作読んだらもうちょっとマシに理解できるのだろうか…てか本当にアニメで見てみたい。宇宙船の中とかすんごくきれいに描いてみてほしい…。

「美女と野獣」

Tale as old as time, true as it can be~~~~♪

頭から離れません。どうしましょう。これはもうネタバレというか皆様美女と野獣のストーリーは百も承知なので、隠す必要ないですね。

ディズニー映画の中で美女と野獣が一番好きです。あ、でもアラジンもいいなぁ…。とにかく私の中では美女と野獣、アラジンが2トップ。それが実写になるんですよ?エマワトソンさんですよ?ハーマイオニーがベルになるの!!!!!!!

 

トーリーの良さはもう何も言うまい。いいに決まってるもの。もちろん実写用に話を少しずつ変えてはいましたけど、全然満足。私大満足。

それより、エマワトソンさん!!!!!歌うますぎひんか!!!!!めっちゃくちゃ上手なんですよ。最初町中で大合唱から始まるんですけどね、

There goes the baker with his tray, like always

The same old bread and rolls to sell

Every morning just the same

Since the morning that we came

To this poor provincial town

もうここね!!!!!!!このたった数秒の歌でむっちゃうまい!そしてこの曲の中で一番好きな場所がこちらです!!!!

Oh, isn’t this amazing?

It’s my favorite part because you’ll see

Here’s where she meets Prince Charming

But she won’t discover that it’s him ‘til chapter three

アニメではヤギさんに話を聞かせてあげてて、ページ食べられて、ベルが「めっ!」ってするところですね!!このHere’s where she meets Prince Charmingここの部分!!!とか!!!!!高音の!!!美しさが!!!!!!

もう…エマワトソンさん、素晴らしすぎる。神様はひどい。2物も3物も与えおった。

もう終始ふわぁ~////という感じで、ちなみに2回目なんですけど、最高すぎてもう一回行きたいデス。

 

お気に入りのキャラはルフゥですかね。ルフゥもまた歌うまいし、ガストンもいいですけど、私はルフゥ派ですかね。アニメよりも実写のルフゥの方が良い人でかわいい。

お城の人たちもそれはもうかわいくて、最初はルミエール(ろうそく)とか、え?そんな実写にする?って感じでしたけど、逆にあのアンティークさが世界感にすごくマッチしていて、素人が口出ししてごめんなさいと思いました。

野獣は結構夢に出てきそうなくらい強面で、でも確かにアニメの野獣は可愛いものね。ふわふわしてて、野獣っていうよりはライオンキングって感じでしたけど、実写はマジで野獣でした。

しかしです!!!!最後のクライマックス!!!!!!ダンスティーブンス様が出てくるんですよ!!!!!アニメと同じ様に振り返った時のイケメンと言ったら!!!!!鼻血でるっていうか心臓でた!!!もう野獣愛してあれが出てきたら神―――――!!!!!って感じです。

あああああ、もう最高です。実写化万歳。ディズニーの本気は素晴らしい。(この前実写反対とか言ってたくせにこの掌の返しよう…)

 

お願いがありまして、この調子でアラジンも実写してみたらいいと思うんですけどどうですかね?美しいアラブのお姫様を見てみたひ。

今中東が揉めてるのでね、中東ラバーな私としてはなんとか中東応援したいんですけど。

「バイオハザード:ヴェンデッタ」

いやーーーーーーー!怖かった!!!!!!絶賛公開中です。劇場へどうぞ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新技術には驚かされますねぇ…。CGのなんときれいなこと。最初のレオンの登場シーン(主に靴)なんてホンモノにし見えないですね?

実はこの作品って4作目なんですね?公式のツイッターをフォローしているのですが、その時にディジェネレーションとつぶやかれていて、なんとも言い辛いなと思っていたのです。

1、Biohazard 4D-Executer(2000年)

2、バイオハザード:ディジェネレーション(2008年)

3、バイオハザード:ダムネーション(2011年)

4、バイオハザード:ヴェンデッタ(2017年)←今ココ

まず1番の4D-Executerですけど、Executerとは「遂行者」って意味です。4Dとついてるんで、え!!2000年にもう4DXが!!!なんて思ってたんですけど、どうやらこれはアトラクション的な感じで作られたようで、時間も20分くらいらしい。なんかありましたね!セガとか遊園地とかで椅子が動くアトラクションみたいな感じで公開されてたのかな。たのしそうじゃねぇか、ちくしょう。

んで2番目のディジェネレーション。でたよ、ディジェネレーション。言いにくい笑。Degeneration「墜落」って感じですかね。レオンとクレアのお話らしく、ってことはゲームのバイオ2の続きみたいな感じでしょうか?クリス探してんのかな。

そして3番目のダムネーション。Damnation「地獄へ堕ちる」ですかね!なんと恐ろしい題名ですこと!!!この主人公はレオンと、まぁ////エイダ様が(*’ω’*)

んでめでたく今回の4番目、ヴェンデッタが公開ということになるそうです。Vendetta「血の復讐」だとか「長期にわたる不和」とかですよ。どんどん題名が恐ろしくなっていってませんか?最初の頃はかわいかったね、遂行者とか墜落くらいで治めてくれてたのにね。もう末代まで呪われ始めました。

さて、私はCGアニメはこの映画が初めてだったので、始まっていきなりレベッカがSTARS辞めてて、なんか研究員みたいになってて目が飛び出ました。実はバイオハザードのゲームも3から進めないのです。精神的なものです。怖すぎてね、ドアが開けられないの。笑

一念発起して、バイオ4を購入してみたんですけど、バイオ4からなんか拳銃の照準、自分であわさないといけなくなってないですか?赤いレーザーみたいなのを合わせてゾンビ撃つんですよね?もうね、合わせてる間にあれ?あれっ?汗ってなってゾンビに食われる。そしてただセーブ小屋に行くだけで冷や汗がダラダラで、ほんと進めることができないのですよ。だから3以降のストーリが全然わからない。泣

CGアニメはゲームのストーリーに沿っているのと、自分で操作しなくても話が進んでいってくれるので、すんごくすんごく楽しみにしていたんです!!!!!私の理想はバイオハザードをプレイするのではなくて、プレイしてる人の横でギャーギャー言いながら画面を見ていたいのです。まさしくこの映画はそれを体現してくれている…。ということで超絶わくわくしながら観てきました!ヴェンデッタ!!!!!(前置きが長い!!!)

 

超かっこいいいいいいいいーーーーーーーーー//////!!!!!!!!!!!!

まって!!!!!!!レオンすんごいかっこいいけど!!!!!なんか劇中でDucatiのxDiavelに乗ってるんですよ!!!え!?知らない!?xDiavelしらないの!?むっちゃかっこいいんだよ、バイク!!!!!!!!!

f:id:p-524yukinaga:20170608175442j:plain

f:id:p-524yukinaga:20170608175504j:plain

DucatiのHPから拝借)

ね?くそかっこいいでしょ?

すごいですよね。なんかむっちゃかっこいいな、このデザイン…なんて思ってたら実在するんだぜ、とんでもねー。そして私は広告の仕方もとんでもねーと思う訳ですよ。時代の流れでステルスマーケティングというのが流行って、広告業界に全く疎い私でも、ステマってまじ凄い!と感動していたんですけど、これもっと感動した。スポンサー料かいくらか払ってレオンが乗り回してくれるんでしょ?考えもしなかったそんなこと!世の中にはいろんな広告の仕方があるなぁと変なところで感動した私です。

まあね、とにかくアクションがカッコイイんですよ。実写では絶対にできないことでもレオンとクリスはやってのけるじゃないですか!レオンのバイクの乗り方とかほんと感動ですよ!痺れる!とはこういうことなのかと。まじでかっこいいです。レオンほんと…略。

んで肝心のゾンビたちですけど、ありえねーーー。夢に出てきそうだった、ほんと恐ろしい。画面いっぱいにゾンビの裂けた口が広がるんですよ。私映画みてて、意図せず「ギョエエエェ!」って声でたの初めてです。普段迷惑になるから静かに見ようと心掛けてるんですけど。汗

そしてわんちゃんね!!!!!!レオンがxDiavelで本気で走ってもそれを追い越せるくらい早いんですよ!!!!!!!絶対食われて死ぬ!!

あとね、ラスボスで仲間がオスプレイから助太刀してくれるんですけど、その武器が強すぎて、ラスボス貫通して向こうのビルが3棟爆発するんですよwwwまじすごい、あれヴァーチェが持ってるGNバズーカ―だよ、絶対。

 

とまぁヴェンデッタ、大満喫しました。もう一回みたいな!今度は落ち着いて観れるかな!笑

うーん、他の作品も見てみようかなぁ…////ちょっと今日帰りにTSUTAYAに寄ってみようかな。