「ゴースト・イン・ザ・シェル」

スカヨハがかっこいい。もはやこの一言に尽きる。笑

攻殻機動隊は大学の時に見ていて、近未来な感じが当時すごく好きだったのを思い出しました。私の周りにはあまりアニメを見ている人が少なかったので、「攻殻機動隊」なんて言葉誰にも伝わらなかったな…。むしろ攻殻機動隊という言葉を発するだけでオタク!と呼ばれていたので、まぁ否定はしないんですけど。いいじゃない、オタクで、だってホントウだもの。みつを。

アニメ劇場版の攻殻、ゴースト・イン・ザ・シェルを随分前にDVDで見ましたけど、ほとんど忘れていたので先日予習をしようと思い、借りに行きました。そうそう!透明になってね、最初シュッってしたら体全部消えるところとか、あの格闘するところとか、ほんと素晴らしく好きだー!って思いながらほぼ寝ていた。やはりベッドに横たわりながらDVDなんて最後まで見れるはずがない。そんなこんなでさほど予習もできずに行ってきました、実写!!!!!!

まだ公開中?行間とっとこうかな。ネタバレしますのでGo Homeでお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

あのね、日本のね、実写化映画がかわいそうなくらい完成度高い。ハリウッド版にしても、確かにあのドラゴンボールみたいな悲劇がたまに起こり得るんですけど、この攻殻は最高オブ最高でした。草薙素子=スカヨハではないんですよね。もはや素子何役って感じでしたけど、あ、でもヒデオって懐かしい名前でてきた、そういやなんかいたな笑。私には「これが新しい攻殻だよ~」って言われてもすんなり受け入れられるほど、本当に主人公がかっこよすぎて痺れる。アニメの素子並にかっこいい。

CGとか駆使しまくりで、街もとんでもなくおしゃれだし、スカヨハ始め登場人物みんなカッコイイ。銃も車も施設も全部かっこいい。すべてを近未来にするんじゃなくてあり得そう~なギリギリのラインがほんとにかっこよい!実写は擬体(シェル)ができあがるのがほんとにかっこいいんですよ!(しつこい!!!)

スカーレット・ヨハンソンは元々は金髪で超グラマーな人なんですよね。攻殻にスカヨハ!?って感じだったんですよ、最初。

f:id:p-524yukinaga:20170502163215j:plain

ほら、ラックススーパリッチのお姉さまですよ!?!?!絶対攻殻じゃない。どっちかっていうと、ワイルドスピードバイオハザードに出てるミシェル・ロドリゲスが勝手に合うんじゃないかなって思ってたんです。でもでもヨハンソンさん、最高だったよ…。なんていうんだろう、ヨハンソンさんは細いモデルさんではないんですよ。どっちかっていうとムキムキ。なのにスラリとしている。何?どうやったらあんなボディになれるの?攻殻はスーツ着てほぼヌードみたいになるんですけど、もうヨハンソンさんの美ボディが!!!!それでもって歩き方がかっこいいんですよ。公安9課っていう威圧感を全面に押し出したようなあの歩き方っていうんですかね…なんだろう、こう、肩をいからせて、ちょっと前かがみで歩くんですよね。もう目力も合わせると迫ってくるような歩き方。すんごいかっこいいですよ。そんな歩き方しても全身から漲るセクシーなオーラが、もうもう…!!!!(語彙力!!)それでもってヨハンソンさんって身長160cmしかないんですよ。信じられない…もう180cmくらいありそうなくらい足長い…ねぇ、同じ人間として、この違いひどくないですか、神様。

とにかくスカヨハがカッコイイ。もうそれ以上でもそれ以下でもない。あの水の上で迷彩素子VS悪者とか圧巻!!!願わくばDVD欲しい。もう一回みたい。それくらい実写攻殻の世界も素晴らしかったです。あんな実写ならぜひに他のもしてもらいないなぁなんて思いながら。実写化完全否定派でしたけど、見事に打ち砕かれました。