読んだ本

藤井邦夫「歳三の首」

前回より土方歳三繋がりで新撰組フィーバーが巻き起こっております。 この作者、藤井邦夫さんは元々脚本家の方で、必殺仕事人や子連れ狼の脚本をされた方です。藤井邦夫さんは北海道出身なんですけど、永倉新八は晩年北海道にいたということで、こうだったら…

住野よる「君の膵臓をたべたい」

今月末には公開ですね。それより前には読みたいと思っていたので、無事に読めて満足です。 すごく読みやすく、あっという間に読み終えてしまいました。どれくらいあっという間だったかというと、週末の昼にTSUTAYAで購入して家帰って読んで、夕方にはヤフオ…

伊藤計劃「虐殺器官」

もうすぐですね、虐殺器官の公開。前売り買いましたか?私は先日やっと買いに行くことができました! かっけー…////前売り特典でこのムビチケと同じ絵柄のクリアファイルと設定資料がついてきました。設定資料は3枚、テンションあがります。本を読んだだけで…

二宮敦人「最後の医者は桜を見上げて君を想う」

「生きることにどれだけの対価を払えますか?五感、五体、知能指数、貯金、記憶、他人の命…その引き換えだとしたらあなたはどこまで許せますか?」 考えたこともない、だけどいつかくるその日の為に本当は考えなければならないこと。どこまで許せるだろうか…